台中国家歌劇院

本站旅遊資訊圖文版權來自:臺灣觀光旅遊網
國家歌劇院
完成された美しい建築である台中国立歌劇院は、豊かな環境と優れた景観に恵まれています。
シアター内には、3つの専用劇場と多目的スペースの「コーナー・サロン(角落沙龍)」があり 
さらには青空のもとで楽しめる広場や野外劇場、スカイガーデンといった屋外施設を有しています。
内と外が連なり、地面から屋上まで、至るところ全てが魅力溢れる舞台となっています。
 
|大劇場
暖色系のレッドカラーを基調とした大劇場は、優雅で荘厳な佇まいで訪れる人々を迎え入れ、舞台と客席の距離が近いため、一体感のある臨場感を味わうことができます。

2階に1502席、4階に431席、そして左右両側のボックスシート74席の計2007席を有する広々とした快適さと魅力溢れる劇場は、良好な視界を確保するために客席が3次元的に舞台を覆い囲むようにつくられています。大劇場のエリアに一歩足を踏み入れれば、そこは洗練された上質さと楽しい雰囲気に満ち溢れています。観客席は1階と2階に分かれ、傾斜床に横並び一列20席の座席を配置。各座席の下には空調の吹き出し口を設け、観客の皆様に快適な座り心地を提供しています。

國家歌劇院
|中劇場
オーシャンブルーを基調とした中劇場は、多様なニーズに応えられるフレキシブルなホールです。
歌劇院の2階にあり、座席数は計796席。建築の流動性、不規則な造型とその奥行きを活かした空間デザインは、観客と舞台の距離を縮め、視界を妨げることなく、緊密に結びついた劇場空間が感じられます。自由なアレンジがきく可変スタイルのホールが、かつてないほどの臨場感を高めてくれます。これこそが中劇場最大の特徴でもあります。プロセニアム形式と呼ばれる額縁型の舞台だけではなく、観客席が周囲を取り囲むスリーサイド・ステージやアリーナステージは、プログラムによって空間を自在に転換することができます。現代的な手法と建築言語の解釈を通して、私たちの暮らしに新しい定義をもたらします。
 
|小劇場
地下2階にある小劇場は、座席数200席を有する空間です。自在に可変する舞台は、実験的なプログラムや多種多様な公演形式に対応できます。
ブラックを基調とした劇場空間は、垂直と曲面の壁で構成され、なかでも3次元の曲面壁が連続する構造体は、自然の洞窟の音環境(Sound Cave)のように感じることができます。上下に開閉する壁面(パーティション)を開けば、小劇場と野外劇場とが一体化し、想像を超えたクリエイションの可能性を広げてくれます。
  • ホテルの位置
  • 観光スポット
距離は約2.4km
運転約7min
秋紅谷広場
逢甲商圈